固定電話を新設する際のメリット

Topics

固定電話の新設は増えないでしょう

固定電話を新設する際のメリット これだけ携帯電話やスマートフォンが普及してくると、もはや固定電話を新設する需要は減っていくでしょう。企業や店舗は対外的な信用などを補完する意味でも固定電話は必要でしょうが、担当者レベルでは携帯番号が名刺に記載されるなど、もはや会社に電話して取り次ぐことは減っていくでしょう。携帯だと会社にいてもいなくても担当者に連絡することができます。いちいち受付や交換手に取り次ぎの会話をする手間もなく直接担当者と会話ができるのは時間短縮にもなるのです。また、自宅でネット回線を接続するにしても、もはやNTTである理由はなく、ケーブルテレビ会社や携帯電話各社のサービスがあれば十分に快適なネット環境を得ることができます。また、外出時であってもスマートフォンやタブレット端末があればどこでもネットサーフィンができるし、ネット検索によって必要な情報を得ることができるのです。

つまり、固定された場所でしか情報を得られなかった時代はもう過ぎたと言えるのです。どこにいても情報を入手することができ、どこにいても個人間で連絡を取り合うことが可能な時代になったのです。このような状況では一般家庭用の固定電話を設置する必要性が薄くなるため、新しい世帯では固定電話の新設は必要なくなったのです。若干、金融機関などでは信用の度合を補完する目的で固定電話の有無を気にする場合があるかもしれませんが、個人の信用さえしっかりしていればそれほど気にすることもないでしょう。

Copyright (C)2022固定電話を新設する際のメリット.All rights reserved.