固定電話を新設する際のメリット

Topics

今と昔で電話を新設する違い

固定電話を新設する際のメリット 昔、電話はNTTでしか取得できず電話加入権を所持しないと番号がもらえないのが常識でした。電話加入権は値段がかなり高かったのですが債権としても使える大きな権利の一つとされていました。しかし、現代において電話は携帯電話の普及により持たない人が多くなってきたこともありインターネットのオプションとして位置付けられるようになってきています。NTTのフレッツ光や電力会社の光などはそのいい例と言えるでしょう。都心部でひかりのエリア内であればほとんどの世帯がアナログ電話ではなくひかり電話を使用しているとのアンケート結果も出ています。では、加入権は意味がないものになったのかというとそういうことではありません。

電話加入権を取得し開通させた番号に関してはひかり等に変えたとしても番号を引き継ぎ使うことが出来ますがフレッツ光や電力会社の光などで取得された電話番号は他社に乗り換えた時に番号を引き継ぐことができなくなります。ナンバーポータビリティはNTTのアナログ電話で番号取得をしていることが条件になっているからです。携帯電話のようにインターネットも定期的に乗り換えいくような時代になってきましたがこのことは知らない人が多く後から失敗したと思わないためにも電話を新設する際にはくれぐれも注意をしてください。もちろん引っ越し伴いNTTの局社が変われば引き継ぐことは出来ないので加入権を取得していても例外はあります。様々状況はありますが特典などに振り回されず一番いい方法を選んでもらいたいと思います。

Copyright (C)2022固定電話を新設する際のメリット.All rights reserved.